Livin' on the Edge of Sanity

一寸先は闇。だがそれがいい。


<< Behringerから返事来たー | main | 似非Twitter32 >>



猫叉Master(+) / Twin drops (Rain drops, Backdrops)

Last Modified 20091116 リンク追加
▼現時点での佐藤直之節を必要十分堪能できる2枚のAlbum。
 佐藤直之節……それは特徴的なMelody LineとBass Line(及び譜割)。この人の曲を聞いてると、無性にBassを弾きたくなる。家にBass無いけどw
 2枚、通して聴いてみた感触から言うと、Rain dropsの方が聞きやすかった。やっぱり、民族音楽やヒーリングミュージックに近い、癒し的な部分で一般向けな感じがします。音色もAcousticだし。あと、(+名義では封印気味になってる)覚えやすいメロディが全開なので、どの曲も非常にキャッチーです。さらに恐ろしいことに捨て曲が無い。74分もあるのに、Album通して雰囲気の統一感も保たれていることが、俺的にかなり点数高いです。ただ、人によっては「似たような曲が並んでいる」という印象を持つ可能性もあります。極端に悪く言えばワンパターン。
 Backdropsはめちゃくちゃ好きな曲がある一方で、ちょっとムラがある感じ。どの楽曲も気に入る人であれば言うことないんだろうけど、思ってたよりも、あんまり好みではない曲が多かったのさ……。そうそう、Vocal曲はどっかで聞いたことがあるような気がしていたんだけど、Rahxephon(橋本一子)が原因でした。まぁ、所詮、気のせいって奴です。

Rain_drops1Backdrops1
特典両方入れた状態
一曲一曲についてはこの下で。

Rain drops (猫叉Master)

Rain_drops3
Rain_drops2
01. Rain drops #1「Aqua」
 Electronica。Reed Melodyは始まりから猫叉Master。水音の使い方は予想の範囲でした。
02. Smile of Split
 Lounge寄りのElectronica。途中からちょっとHardな音色も使われます。
 前曲から雰囲気をうまく引き継いで、本編へ聴き手を引き込んでると思います。
03. Beyond The Earth
 誰だ、最初にキーマカレーの空耳をかました奴はwwちょっと表へ(ry
 Reed Melodyだけに注目すると、そこまでWorld Musicの印象は受けないんですが、VoiceやPerc.のおかげで一気にWorld Wideな感じの音楽になっていると思います。Voiceはこの曲用に改めて録った物なんだろうか?どっかのSampling音源にでも入ってんのかな?
04. 月雪に舞う花のように
 基本4つ打ちだけど、間奏ではBreak。全体的に和楽器が使われていて、それが曲の印象に非常に大きく寄与しています。猫叉Masterの楽曲の中ではかなり意識的に和にShiftしたと思われる一曲。加えて装飾的にSynthも使われており、Popさも兼ね備えています。
05. Greening
 主にReed+Lead Synthが主旋律をとりながら、パートによってはエレピもたまに混ざったりしてますが、縁の下でBassがグイグイ引っ張っていくのは他の曲と変わりません。琴も使われていて、和の雰囲気も残しているのでこの辺に配置されているのかもしれません。 (追記) Introが気持ちいいです。
06. Echoes
 尺八や、それに近い音色+民族音楽系列でよく聞かれる音色で主旋律は奏でられています。
 まさかのTempo Changeで非常に盛り上がる曲で、その時に入ってくるStrings Phraseがなかなか恥ずかしい。後半は、良い具合に和の雰囲気が抜けていって、いわゆるLounge的なノリになっていきます。何も考えなければ気づきようもありませんが、各曲の配置はかなり推敲がなされているようです。 
07. The Smile of you
08. Infinity of Our Love

 何だ。只のHappy Pop Songか。しかし飛ばせない。
 前者は、Delayを掛けた装飾であったり、弦楽器のPizzicatoであったり、合いの手を入れてくるChorus Partであったり、実にPopに仕上げられています。
 後者は、Delayを掛けたエレピやSynthの装飾もありつつ、Perc.のRhythmを考えるとJazztronikやFreeTempo的なLounge。サビ前に囁き声でCountとかどうよ、ホント。
 なお、どちらも非常に易しい英単語で構成されているので、好きな人は是非是非歌詞カードを見て自分でも歌ってみるといいよ。……ハッ、何を書いているんだ俺は。どちらも曲としてはベタですが、どちらもしっかり作られているのでちゃんと聴くことができます。
09. Rain drops #2「Station」
 ちょうど中間地点のInterludeはPianoとSaxのみの直球勝負。こういう方が意外にタイトルにも説得力が出るものです。束の間の休息。 (追記) ちゃんと裏に駅の雑音も入ってますね……気づかんかったorz
10. Scar in the Earth
 そして後半戦1発目がこれというww 休みは終わりですか、そうですか。
 全く、この曲のReedの主題こそが猫叉Masterを猫叉Masterたらしめているとしか言いようがない。そしてそれに絡まるPad SoundとPerc.とそれらを支えるBass Lineが全て。1:18のBreakもすごく彼らしい(←この辺はまた参考にしたいなぁ)
 天邪鬼の俺は、最初この曲に関してあざとさばかりが耳について(←だって最後にお約束の転調までやるし)あんまり高評価を与えてなかったんだけど、良いものは良いです。
11. 女王騎士
 ここで再び「和」。Rhythm Trackに関しては、使われている音色から言っても「月雪に舞う花のように」より打ち込み感が強いです。ただ、和風なので、あんまり騎士って感じがしないんですが……
12. dahaca
 どっちかというと、Backdropsに入っていそうな曲。中南米のRhythmに、極東のReed Melodyを乗っけて他のパートではJazzyなエレピを混ぜ込んだ感じ。書いた文だけ見ると「そんなこと可能なのか」って気になるけど(俺も含め)、こういう曲をこのバランスで作れてしまうところが佐藤直之の強みのような気がします。
13. Caring Dance
 Introで全てが決まる一曲。「月雪に舞う花のように」をもう少しCelticに移行させた感じですかね。このAlbumに収録されている曲の中では、大きな展開も無く、まったりのどかな一曲になっています。
 どうでもいいが、これも空耳が多いです。
14. Indigo Bird → Sanaさんと『Indigo Bird』
 後半唯一のVocal曲。Aメロどっかで聴いたことがあるのはどこでだろう……と槇原敬之を想起した俺だ。
15. Reflection Into the EDEN
 これもLoungeかな。静かな立ち上がりから、JazztronikがよくやるあのRhythmに続きます。
 この曲って前半の「Smile of Split」に位置づけが似てるような気がします。前曲までの2曲で少し落ち着いた流れを変えるように、最後の盛り上がりへの助走をしっかりとこなしているような、そんな一曲。
16. サヨナラ・へヴン
 最後をしっかり締めるだけの曲が、ちゃんと残されているところがすごい。IntroからReedの独壇場ですが、間奏ではCreditもされているアコギが代わります。つーか、Dance Musicだなコレは。夕日が差す中、何かを大人数で成し遂げた後に、こんな曲に合わせてみんなで踊ればさぞかし楽しいだろうなと思いますよ。
17. Rain drops #3「Park」
 ViolinとPiano(とHumming ?)が主旋律を取って、盛りだくさんの74分に幕を下ろします。 (追記) こちらも公園をイメージした音が薄く盛り込まれていますね。
 雨は、止んだんでしょうか。気のせいだったんでしょうか。

「Raindrops」 レコーディング日記 そのそのそのその4


Backdrops (猫叉Master+ → +名義の存在意義)

01. Yasashii sekai → さすらいのベーシスト/古澤氏Sanaさん / 沖縄
 Pianoの音響処理が優しさ、Vocalが儚さを感じさせる本作のPrologue。
Rain_drops3
Rain_drops2
02. being torn the sky → June氏とYuko氏
 この曲はACで露出したばっからしいですね。
 喧しいGuitar SamplingがElectronicaのRhythm Trackを引き連れ、その上でViolinが踊る一方、吹けば飛びそうと思っていたVocalはサビで聴き手に歌詞カードを手に取らせる。切ないなぁ。
03. Chain of Pain → kors k氏宅にて
 雨が降る重厚なIntroから期待通りの4つ打ちへ。Rhythm Trackはkors kの手柄のような気がしますが、合間合間でSitarであったりAmbience Pianoであったりが入ってくるのは猫叉Masterらしい感じ。
04. End of World
 こればっかりは特別。何故なら、この曲との出会いが猫叉Masterを聴くきっかけになったのだから。
 Album Ver.ではAC Ver.の前後に新しいパートが用意されました。本来のIntroへの繋ぎはもう少し推敲できたんじゃないかなぁと思わんでもないですが、追加されたパートでのBassは悪くないです。つーか、やっぱりBassのための曲だなコレは。残念なことに少し短い。個人的には最後をもっと引っ張って欲しかったです。
<20091003追記>
 例の「Introへの繋ぎがどうの」と書いたところですが、何回も聴いてたら違和感無くなりました。そんなもんかもしれません。</追記>
05. Satellite070207
 これってー……、ウイイレなんだよね?特になんも無いです。
06. Good-bye Chalon → さよなら、シャロンJune氏とYuko氏
 素晴らしい、としか言いようがありません。猫叉Masterではあまり聞かれなかったJazzyかつFunkyな主題でBassがゴリ押すAパート、Melodyで佐藤節が炸裂するサビ、後半の追加パート、と飽きさせる部分が全くありません。そして、Piano、Electric Piano、Bass、Drums&Perc.、Reed、Sitar……どれもこれも本当にカッコ良いです。
07. Spiral 2005
 これもウイイレかな。サッカーにぴったりな感じのラテンです。誰か、俺の代わりにベタ褒めしておいてください。
08. existens(脱字?
 Funkyな楽曲ですが、個人的にはあんまりこなかった。後半、Stringsが入ってきてからの展開は結構好き。
09. Infinit Cave(脱字?
 Introで「うえ〜」と思いながらも、我慢して聴くと途中から個人的にすごく好きな流れに。Padのおかげのような気がします。ゴリゴリのBass Synthが素敵。
10. Driven Shooter
 これのPerc.を担当した人がちょっと意外で面白い。何で作曲で絡まず、こういう形の参加なんだww
 曲の方は終始オリエンタルな雰囲気を漂わせる1曲になっとります。したがってSitarはピッタリ。ガキ共の声はSamplingだろーか?
11. Crack
 これも上に同じくオリエンタルな雰囲気。「Driven Shooter」と比べると、Tsaxが入っていて、よりアヴァンギャルドな感じ。Perc.連打は無くなり、安定したDrummingにうねるBassなど、Band Soundが前面に出てます。
12. Queens Tragedy
 この曲もBassが強烈。
13. Bahram Attack
 Bahramを日本語でググると馬のことしか出てこない……→Bahram - Wikipedia, the free encyclopedia イメージとしては、勝利とか抵抗(反抗)とか強烈な一撃的な意味をそもそも持ってる言葉のよう。サーサーン朝の王の名前でもあります。
 しかし、これは元々の作曲はL.E.D.ですね。んで、Remix & Lyricが佐藤直之。Lyricといっても、天王星と土星の衛星をつらつらと言っていくだけなんですけどww
14. Kung-fu Empire
 これはRain dropsに入っててもおかしくないくらいの曲。ちょっとD'n'Bが強いけど。あとはKung-fuというところから予想してください。
15. Hikarino mukou
 そしてEpilogue。やっぱ橋本一子っぽい。

 このAlbumを通して作り手が語りたいことは何となく感じられるけれど、やっぱり関係ない曲が多すぎますね。曲の統一感があまりないので、ムラッ気の印象が残ります。
 ただ、タイトルの流れはちゃんとあるようです。優しい世界→切り裂かれる→痛みの連鎖→世界の終わり→衛星に乗って旅立ちましょう→螺旋を辿り自らを発見し終わらない洞窟を行け→おまえは追われる狙撃者→1つの銃声は女王を仕留め→絶望した王は報復後、功夫の帝国を建国したのであった→そしてキミは……って、何だそれ。まぁ、ともかく何となく繋がっているみたいです。
 いわゆる猫叉Master名義とは違うことをするための+名義だったようですが、新しいことに手を出すが故に、それらを改めて一枚のConcept Albumにするには少し無理があったように思います。意味も無いし。普通のAlbumであればまだ印象は良かったかもしれないですけど。

そして、おわりとはじまり
 これから、にも期待してます。マンネリとの戦いになって大変だろうけど、佐藤直之が新しい音楽を作り続けていくなら、今後も注視していくつもり。次の名義は何かな?対称性を考えると「-」だけど、案外Masterから職が変わっていたりしてww

▼入手方法について
 Rain dropsについては先日Amazonでも発売になりました。
 Backdropsはまだコナミスタイルでしか取り扱っていないようです。お好きな方で。
<20091116追記>
 どうやらBackdropsもコナミスタイル以外で買えるようになるようです。</追記>
posted by Jinn-sin 07:33comments(0)trackbacks(0)





スポンサーサイト

posted by スポンサードリンク 07:33 |-|-


Anybody is invited. Comment as you like.










この記事のトラックバックURL
http://mychaoticlife.jugem.jp/trackback/809




--- Return to Page Top ---