Livin' on the Edge of Sanity

一寸先は闇。だがそれがいい。





[LIVE] 2016年振り返り(CD含め

 今年出掛けたLIVEは計30件でしたー!
 なお去年のエントリ見たら、
 >> 来年は「月に3曲は何か作る」っていう目標でいこうかな。
とか書いてあって震えている……今年は多少Vn.を弾ける様になったくらいじゃないか? でも2017年こそは頑張ろう、と一応今年も書いておこう。
 あと、野外フェスとしてはROVO presents MDT FestivalとSMF2016に行けたね。

 尚、今年のCD支出は32184円(昨年比-15057円)・配信DLについては23322円(昨年比+10245円)でした。今年も、印象に残ったCDや曲について併記していきます。

続きを読む >>
posted by Jinn-sin 03:12comments(0)trackbacks(0)





[LIVE] 161229 LOUD&PROUD vol.367 -Year End Special 2days- @ 吉祥寺クレッシェンド

ライブハウス 吉祥寺クレッシェンド
 行ってきました。吉祥寺駅からはちょっと歩くかな。言うても、こないだの恵比寿CreAtoくらいの距離。

 階段を下りたところで受付。中に入ってみると、何というか、バーも物販もコインロッカーも同じ空間にあるんだね、ここは。特に5バンド分物販コーナーがあると、ちょっと狭かった感じ。タブレット持って来てたバンドも居て、まぁそれは正解かな。(暗いし)
 バーは、ディスクユニオンとか行かないとなさそうな、QueenとかIronmaidenのビールが置いてあったのが得点高い。俺はAC/DCの"Rock Or Bust"を飲みました。こないだのsiraph忘年会といい、Carlsbergづいている。

 PAは1バンド目の六合の時点では「うっわ、(音像的な意味で)狭!」と感じましたが、少しずつ持ち直していった感じ。割りとデッドな箱なんでは? という印象。ただ、スタッフの方には申し訳無いけど、ぶっちゃけ音は良くない部類。
 転換はカーテンで隠して20分〜30分。これが結構しんどかった。こういうLIVE久し振りだったからかもしんないけど。
続きを読む >>
posted by Jinn-sin 01:57comments(0)trackbacks(0)





[LIVE] 161209 la la larks - Thanx Giving! 2016 @ 渋谷 TSUTAYA O-Crest

la la larks (FlyingDog)

 前回観に行ったのは2015年の正月頃なので、約2年振り。
 先日siraphのLIVEへ行ったばっかりなので、やっぱり音楽性の動向というか変化は気になるところ。

 O-Crestは初めてで、案の定 場所がよく分からなくてEastのスタッフに尋ねる始末ww
 ビールは、ハイネケンとハートランドがありました。

続きを読む >>
posted by Jinn-sin 12:37comments(0)trackbacks(0)





[LIVE] Akihabara Heavy Industry Inc. #17 / Akihabara Housing LTD. #4 @ MOGRA

秋葉原重工 - Akihabara Heavy Industry Inc. #17 (MOGRA 秋葉原)

 やっと行きました。ちょうど去年も行こうとしてたんだけど、この時は結局イベントを梯子する余裕が無く頓挫してた。(IMERUAT & STELLA LEE JONES Joint Liveの方に行ってた。)

 工事が終わったmograも、そういえば初めて。改めて振り返ってみると去年のgo03(5月)以来だ。もう1年以上振りだった。
 入口にセキュリティスタッフが居て、そこで身分証明後リストバンドを受け取ります。んで、入ってすぐのとこで入場料を払う。w/f...Flyerは持ってないよなーと思って諦めてましたが、iFlyerとかクラベリアとかでもいいと聞き、クラベリアのID登録しちゃった。。。
秋葉原重工さんのツイート

 1階は軽食まで食えるバーとささやかな物販、そして秋葉原住宅。

秋葉原住宅

Time Table(@jinn_sin - Instagram:「1階が秋葉原住宅ってワケだ。」
 大久保さんはこちらのトリ。ゲーム音楽色無くて意外でしたが、新鮮。

 コーンが白かったのでYAMAHAのあれはHSシリーズじゃないかなー。一応もっと出るはずだけど、1階だからか あえて抑えてる感じも。地下から上がってくると、どうしても音量は物足りなく感じてしまう。ハウスとはいえ。

 wifiは以前より増えてる感じで3つありました(地下2つ、1階1つ)。至れり尽くせり。

 あと個人的にはビールから水曜日のネコが選べるのが嬉しい。3缶空けたので1L飲んだ計算になる。ドリンクは全体的に安くてありがたい。

秋葉原重工

Time Table(@jinn_sin - Instagram:「地下が秋葉原重工で、」

KURAYAMIさんのパフォーマンスでは色んなガジェット使われていて面白かったです。
Q'HEYさんは1時間半という長尺プレイ。締まった低音が何より素晴らしかった。
本間本願寺さんは、
ド頭からVocaliseのせいかJapanese Goa Tranceって感じで気持ち良かったなー。

秋葉原重工技報 #ahi_jp No.17 2016.09 (Togetter)
posted by Jinn-sin 15:46comments(0)trackbacks(0)





[LIVE] STERNE@渋谷WOMB / WIRED CLASH@新木場ageHa

 9.2(金)〜9.4(日)の祭典。
 私は8.5(金)〜8.9(火)発売の第1弾前売り:¥4,000で参加。このチケットでSTERNEにも行けたので、とってもお得でした。
 WIREは数年前に「いつか行こう」とか思ってたら休止してしまっていたから、今回のイベントは行きたかったんだよなー。実際に行ってみたら、もっとWIREというイベントに行ってみたくなった。

STERNE (WOMB)
 WOMBは初めて。子宮って意味なんだよね。特に関連は無いが、ラブホテル街にある。
 入口は閉め切ってあって、スタッフが一人立ってるだけ。WOMBのロゴ(提灯とか想起させる和風なやつ)があったから判ったけど、外見はとても殺風景な感じ。

 中に入ると、チケットと身分証明書チェック。
 元々チケットには「次の日のWIRED CLASHのリストバンドが受け取れる」と記載がありましたが、「チケット回収せずパンチするだけ」に変更されてました。確かにその方が安く上がりそうだ。

 基本的な内部構造については、特に公式に記載が見当たらないので、Wiki準拠ということで進めます。

・DJバーラウンジ
 WOMB入口に一番近く、結構広い。SP周りはYAMAHAでした。意外に音もデカめ。
 @jinn_sin - Instagram:「4:30までゆらゆら〜」

・メインフロア
 音響は音がデカイ。ずっと耳栓代わりにイヤホン着けてました。
 照明(スクリーンやレーザーシステム)は、どれも初めて体験するもので楽しかったです。天井の2つのスクリーンは、トラスが可動なのでとても迫力があった。レーザー類も、カメラで取ったのでは奥行き感が出なくて、あれは現場で体験しないと伝わらない。
 @jinn_sin - Instagram:「天井にもスクリーンあって明るい」
 @jinn_sin - Instagram:「奥行き感まで撮れなくて残念だけど、メッチャ綺麗。」

 @jinn_sin - Instagram:「こっちがメインフロアだった」
→ そうそう。ミラーボールが今まで見てきた中で、一番大きかった。

 "iQOS ONLY"との掲示があって安心……といっても興が乗ってきて正体を失くしたのか、普通のタバコ吸ってる人もチラホラ。

・サブフロア
 VIPエリアがあるため、一番狭いフロアと言える。タバコの煙がもう少し何とかなればもっと居心地が良かったのになー。
 @jinn_sin - Instagram:「まだあった。こっちはタバコ可。」
→ 3フロアもあるなんて予想外でした。


 全体的には、どのフロアも似たり寄ったりなミニマルミュージックで、少し飽きがあったことは否めない……。


WIRED CLASH (ageHa)

 STUDIO COASTとしての公演は何回か行ったことあるけれど、ageHaは初めて。ageHaだと、より広く使ってて楽しかったなー。

・ISLAND
 入場して初めに目に入って音が聞こえるエリア。Sunseakerさんからスタート。
 白いウィッグや光り物着けたmeviusの可愛い売り子さんが、ローラー……ブレードだったかな? 詳細は忘れたけど、辺りを滑らかに回って営業してた。だが残念ながらタバコは吸わないのだ。
 壁際のソファーとか、場所によっては低音が溜まるけれど気持ちの良い音圧。

 @jinn_sin - Instagram:「そろそろending. まぁもう時間は過ぎてんだけどさ。どこも終わっていない @ island #WIREDCLASH」
→ 帰る直前のオーラス付近。
  こういうメロディックなのを他の時間帯にも演ってほしかったーよ。

・ARENA
 ラインアレイが活躍する日中帯の公演では眠ってることが多いClub Music用SPが総動員。お前ら、やっぱり飾りじゃなかったんだな。(感動)

 @jinn_sin - Instagram:「ARENAは場所選ぶか、耳栓着けないとしんどいかな #WIREDCLASH」
→ と言っていましたが、場所を選べば耳栓無しでも楽しめました。
 @jinn_sin - Instagram:「良い音場はたくさんある #WIREDCLASH」
→ BOOM BOOM BOOM BOOM
 @jinn_sin - Instagram:「昼なら御法度のラインアレイ前が意外に良い場所で気にいってます。 #WIREDCLASH」

 @jinn_sin - Instagram:「fogfogしい #WIREDCLASH」
→ 両サイドから、ボフッて大量の煙が。

 @jinn_sin - Instagram:「卓球です #WIREDCLASH」
→ 石野です。

・BOX
 屋外にある広いコンテナ・倉庫みたいな場所。面白い箱鳴り。
 @jinn_sin - Instagram:「boxです #WIREDCLASH」
→ 音をミュートにしてしまっていたテイク。
@jinn_sin - Instagram:「boxもバリライトあったんだな #WIREDCLASH」
→ 音も良かったんです。

 ご飯も2回食べた。タコスとケバブ。ビールはここでセットで買うと少し割安。
  
 @jinn_sin - Instagram:「朝だねー #WIREDCLASH」
→ 朝です。

・WATER
 ここがあのWATERエリアかーって感慨深かったな。
 @jinn_sin - Instagram:「ちょいちょい雨が降ってるWATER #WIREDCLASH」
 ダンサーの人が、何回か器の中でパフォーマンスしてた。

 明朝、sensation組が(恐らく)始発で来ててホントびっくりした。


その他

石野卓球に「見どころは?」と聞かずに、今年の「WIRED CLASH」について聞く (クラベリア)
posted by Jinn-sin 18:51comments(0)trackbacks(0)





[Ust] ANISON MATRIX!! @ 秋葉原MOGRA

Last Modified 20161023 動画見れなくなってたので削除
ANISON MATRIX!! -アニソンマトリクス (MOGRA 秋葉原)

栞代わり。MOGRA公式がせっかく残してくれてるのでDigっていこう。
そう上手くはいかず。今度は現地へ行かねば!

AJURIKA

 52:50~ 終盤のPercussive Rhythmが気持ち良い。
 55:34~ Reverse Bassで最初からブチ上がる。Vocal Partも気持ち良い。
 58:36~ R&Bみたいな
〔余韻残しながら次へ〕
1:00:30~
〔EQギュイーン〕
1:05:38~
〔余韻消えたら次へ〕
1:08:54~
〔余韻残しながら次へ〕
1:11:18~ 塊魂Chiptuneパックマンもマッピーも
〔スパっと〕
1:14:14~ XEVIOUSのサンプリングからTrance好きだなー(Break1回)
〔とても自然に〕
1:17:54~ オトメディウス(Break2回、最後の局面でグラディウスー)

〔1:21:25~Outro挟んでスパっと〕
1:21:37~ 2stepアレンジ上坂すみれ「恋する図形(cubic futurismo) - Youtube
〔1:23:15~ちょっとDubstepっぽく揺らした後、スパっと〕
1:23:52~ 和風TrancePop
 上坂すみれ「サイケデリック純情(上坂すみれの乙女*ムジカ第37回 - ニコニコ動画)」
〔若干強引に〕
1:25:29~ 言葉が要らない鉄板「Nation Blue (im@sCG 1st LIVE Nation Blue [定点カメラ] - YouTube、これは遅かれ早かれ消されるべき)」
〔1クッション置いたことで自然に〕
1:27:54~ Vocal入りTranceにWobble Bassとかもてんこ盛り「Snow Light (【シンクロニカ】Snow Light【音源】 - YouTube)」シンクロニカもやろうかなー
〔〕
1:29:55~ これはまんまDubstepですね。つーか何の曲なんだろ……
(追記)massさんコメントありがとうございまっす! GOD EATER BURSTか!
〔完全なるBreak入れて〕
1:32:05~ シン・ゴジラ流行ってるもんねーという、まさかのエヴァDubstep
〔自然に〕
1:36:35~ Dubstep お、男性Vocalだ。何の曲だろう。
〔〕
1:39:55~ 【楽曲試聴】「Near to You」(歌:姫川友紀、市原仁奈、片桐早苗、大槻唯、相葉夕美) - YouTube 遠山さん、こういうのも作ってるのね。
posted by Jinn-sin 23:12comments(2)trackbacks(0)





[LIVE] 0821 喜多直毅クアルテット『焦土』2日目@渋谷 公園通りクラシックス

Last Modified 20160823 喜多さん後記追加
喜多直毅クアルテット『焦土』~沈黙と咆哮の音楽ドラマ~ (公園通りクラシックス)
喜多直毅クアルテット2days『焦土』終了致しました!ご来場有難うございました! (Violin Diary)

 気づけば少しご無沙汰していて、観に行くのは去年の11月振りみたい。

 もう今では、最初っから目一杯 座席を準備してるのね。そんだけ人が入ってることも準備されてることも良いことだ。ただ、プログラムやチラシが切れてしまっていて、公演後にもらいました。
 今回は夏公演ということでエアコンも点けっぱなしと聞いていたので、できるだけ離れようと上手側寄りで拝聴。あとから入場した割に、良い場所で聴けました。

 前日のプログラムをpvoさんのツイートで見ていたので「『焦土』というからには昨日の様なセトリで済むはずがない」と思っていました。大体 その予想(畏れ)は当たってましたねww

プログラム

1. 鉄条網のテーマ
2. 燃える村
3. 春〜熱病のテーマ (“ふるさと”も演ってた気がする……) ふるさと
4. 死人〜酒乱
5. 峻嶺

En. 残された空

 前半は実にコントロールされた演奏で、今まで観てきた中でも随一のキレッキレの重奏でした。2日目の初っ端からあんなに隙の無い演奏を聴けるとは! エアコンの音が入っちゃうのが勿体無いくらいだ……
 中盤からは熱が滲み出てきて情が支配していく感じ。いや、それは私の方か。

 プロデューサーさんは、早く1stに入らなかった楽曲群を収めて2ndを出してください……好きな箇所が幾つもあるんだ。

 お馴染みの楽曲もところどころ新しい要素が入っていたように感じました。北村さんが、今までユニゾンや白玉だったところを別メロで刻んでた様な気が……

 喜多直毅クアルテットは、約1時間という短く聞こえる公演時間ですが、相変わらず不満は全く無いのです。また、余裕も無いのです(苦笑)。
 日々たくさんの音楽を聴いて麻痺してきている部分・忘れている感覚を、真剣に音楽に対峙することでリフレッシュしている様な・深呼吸している様な、そんな気分になります。
 そういう訳で「素晴らしい演奏を聴いて(精神的に)消耗する」という常識的には矛盾した状況を経て、更にSurprising Encoreとして演奏された“残された空”で今日は特別スッキリした気分です。

 野外でも聴いてみたいなー、とちょっと思っています。
posted by Jinn-sin 20:02comments(0)trackbacks(0)





[LIVE] 0731 Cuarteto Confeito@雑司が谷エルチョクロ

タンゴ・ライブ/2016年7月31日(日) (雑司が谷タンゴバー- EL CHOCLO)

青木菜穂子 タンゴピアニスト | Tango Pianist Naoko Aoki
Okimasu Natsumi 沖増菜摘 オフィシャルウェブサイト
チェリスト島津由美によるyum☆yum思い出し日記。たまにお知らせ☆
相川瞳 パーカッション瞳知り日記

 「きっと良いだろうなぁ」と期待して行ったLIVEが「やっぱり行って良かったなぁ」となって、とても幸せな気分。そして「次回はもっと良くなってるはず」とまた期待できる四重奏でした。喜怒哀楽、静と動、格好良いのから可愛いのまで、SittingからStandingまで、何でも幅広く対応できそう。
 Pf, Vn, Vc, Perc/Vibという構成は「音の情報量の割りに、全部の楽器の特色を個別に意識して聴けるので良いなー」と思いました。
 音楽以外の部分でも、全員の持ち味がそれぞれ違っていてユニットとしてバランスが良い感じです。
 超オススメなんですけど、紹介できる動画は無いんですよねー。今のところ、現場でしか聴けない貴重な演奏です。

 青木さんは、7月3日の珈琲美学でも感じた様に、とても落ち着いてMCをされます。(この日は古くからのご友人の方がいらっしゃってたらしく「やりにくい(笑)」と仰ってましたが。)
 演奏でも、的確に必要十分にコントロールされた存在感というか。誤魔化しめいたアピールは何一つ無くて、そのくせ曲に合わせた絶妙なタイミングとポジションで格好良いピアノがしっかり活躍している印象です。あー、ここまで書くと、ちょっとハメを外した演奏も聴いてみたいですけどww
 あとMCの内容も、曲の由来や引用した音楽形式など、個人的に興味深くて少しワクワクして聞いています。だけど酔っ払っている私は忘れてしまっているんだよなぁ……この日新しく知った素敵な言葉は「カリビアンフルート」くらいしか残ってない……

 沖増さんは曲間に咳をしまくってましたが、感染症や風邪の類ではなく咳喘息とのこと。「皆さんには感染りませんのでご安心を!」と仰ってましたが、いや、皆そういう心配をしてるんじゃないので、何のフォローにもなってないから!真面目か!って、まぁきっと真面目なんだよなぁ。呼吸に影響無い、苦しくない程度の咳なら安心なんですが。
 そんな万全とは言えない状況にも関わらず、演奏の方は1曲目のソロからバッチリで流石! もう見惚れますなぁ。一部の曲では憑依系Vn.の貫禄もしっかり。
 PA拡声も上手くいっていて、細かい表現も前に出ていました。(Lowはもうちょい削られてた方が好みでしたが、あの音なら充分イケてる。)

 島津さんは他のLIVEで観るよりメロディ取る機会がかなり多くて大活躍でした。Celloは多彩な表現ができるからアレもコレもやってもらうことになる。低域もしっかり支えないといけないし、この四重奏の構成だとVcはPfと並んでホント音楽的に要。テクニカルな演奏も結構あるしね。Vn.と掛け合いキメたり、Perc.とDuo取ったり、やっぱりこの四重奏の中では中心の存在。音色は本当に気持ち良いし最高だな!
 ブログ見ると、最近は劇伴の演奏もされてるみたいで、まだまだ演奏は変わっていきそう。楽しみ。
 MCは青木さんとは種類が少し違うけど似てる。スッとこちらへ入ってきて、とても安心して聞いてられます。気負ってない自然な感じが良いなぁ。

 相川さんは終盤曲のソロ回しがめっちゃカッコ良かった。リズムとグルーヴがもう言うこと無くて……。一方で、上の方で書いた「次回はもっと良くなってるはず」の一番のフィクサーの様な気もしてます。やっぱり打楽器なんで縦のズレが見えやすいのだ。もしかしたら相川さんのタイミングが最善なのかもしんないけど……。そういう部分もあっての、絶対まだ良くなるという確信。Vib.のダンパーは、ってこれは完全に好みか。ソロ取ってる時はもっとギリギリまで伸ばしてくれた方が好き。
 MCに関しては、喋れるけど腰が重い人なのかもと感じました。やっぱりメンバーの特徴がそれぞれにあって良い感じです。
 STELLA LEE JONESに参加されるってのはびっくりしましたけど、佐藤芳明さんの曲・演奏に対応できる実績があるのできっと何とかなるはず。

音響

 ここ2回くらいは演奏者の皆さんにかなり近い位置で観てきましたが、今回はちょっと後ろのカウンターそばで観ました。下手側で壁が鏡張りになっている辺り。
 それが理由の新発見、ということもないですが、カウンター内に12chくらいのミキサーがあってマスターが弄ってるってことを初めて知りました。どおりで最近どの楽器もマイキングしてると思った。あれ? 前からそうでしたっけ? どっかのタイミングで照明周り含め大々的に仕込み直したのかな?
 初めて来た時と違ってノイズも出てなかったし、気取られないくらいの素直な拡声が好ましかったです。前回、鬼怒無月キンテートで観た時は、「PAからはどんな出音になってるんだろう……((((;゚Д゚))))ブルブル」と思っていたものでしたが、もし基本方針がこれであれば、これからも安心して観られるなー。やっぱり、同系統の良い音楽を普段から聴いてる人がミキサーやってると、ゴール地点は間違ってないから良い感じに仕上がっていく気がします。

蛇足的余談

 キューバ・リブレ頼んだら「そういう手の込んだものはやってない」って言われたんだけど、どういうことなんだ。今日気になったのはそれくらいだったわ……
posted by Jinn-sin 07:00comments(0)trackbacks(0)


| 1/21pages | >>

--- Return to Page Top ---