Livin' on the Edge of Sanity

一寸先は闇。だがそれがいい。





[LIVE] 170916 テスラは泣かない。「永遠について語るとき、私たちの語ること」Release Tour @ 代官山UNIT

テスラは泣かない。- Official Website

 何か勘違いしていて、渋谷だとばかり思っていたけど、代官山UNITだったことを当日思い出す。久し振りのUNIT。前回 訪れたのは、OUT OF DOTS -Reunion-だからザックリ言うと1年半振りくらい。

 バンド自体は、約5年半前にLUBIC CAVE HOUSEのO/Aで初めて観て、その後 渋谷のEMI ROCKS neo以来だから3年半振りくらいか。Ba.が復帰した後の新曲が良かったので久し振りに行こうと思いました。

 開場時刻17時45分に対して18時くらいに着いたんですが、割りと空いてて無用な心配をしてしまったり。開演時には一通り入っていて、開演後にも増えてたみたいで、後半になると「あぁ全然入ってるじゃん」と無用な安心をしたのでした。

 開始直前SEはBjörkのHyperballad、アンコール後の追い出しSEはナンバガの透明少女(だったはず)。入場SEは自前のやつっぽいね。

 真ん中よりちょっと前、気持ち上手寄りのポジションで聴きました。
 だからってことも差し引いても、後半〜終盤以外は飯野さんの存在感が光りっ放しでした。ミスタッチはほとんど無いし、ほとんどツインボーカル状態だし、出音は頭抜けているしで、こんなに目立つ印象は持ってなかったので驚きました。

 音響的には結構ムラがあった感じがします。1曲目の調整ってのは結構どこでもある話ですが、ある程度出来上がってからも割りとドライな感じで、個人的にはギターが小さかったのが「なー」って感じでした。恐らく下手寄りにいた人はマーシャルの向きからしてもまだマシだったろうし、後ろの人はメインSPから聞こえてたでしょう。(きっと)
 終盤はギターも聴こえるようになり、それに伴ってKey.も小さくなった感じがしたから割りと音域は近かったのかもしれません。(適当)


 楽曲的には、最新盤がちゃんと楽しみにできる・楽しめるバンドになって、良い感じです。

 「アテネ」は このバンドの一番新しい名刺という感じ。「GLORY GLORY」もかなり好き。「名もなきアクション」はフックの掛け方は今まで通りだけど、結局のところ一番核にあるやつとも言えそうです。「ミスターサンライズ」も"アンダーソン"などの系譜である疾走系。
 「Like a swallow」は歌詞に色々思うところはあるけれど、勘違いかもしれないし、それを別にしても良い曲です。"Shake your hands saying good bye"と違い、帰る曲です。
 どういうことになるかは判んないけど「私とあなたとこの町のグラビティ」「TO GEN KYO」の様な試みをたくさん待っています。
 「フール フール フール」のシンガロングは難度が高いですね。あの譜割りだと声量出しにくいし。。。なお、サビはどっかで聞いたことがあって、だけど思い出せなくて今モヤモヤしている。


 MCは基本的に村上さんが行なう感じですが、俺が普段観に行くバンドの中では本当にまっすぐに真面目なMCなんだよなー。LIVEでリーダーシップをガンガン取っていくタイプではない気がするけど、楽曲の題材の選び方やWミーニングの使い方とかとても気に入っているし、居ないと話が始まらない存在。

 書き忘れてたけど、High Noble March(Match)が「灰の降る街」のもじってるって聞いて「あー」と思ったのだ。


その他

yutakaさんはInstagramを利用しています
 全通系の人。インスタですけど、各エントリ 文章も多くて、読み応えあるよ。
posted by Jinn-sin 00:21comments(0)trackbacks(0)





[LIVE] 170902 アコースティック・アストゥーリアス・ワンマンライブ @ 南青山MANDALA

170902 南青山MANDALA (Acoustic Asturias | アコースティック・アストゥーリアス)

 行ってきました! LIVEのことは結構前に告知メールで知らされていましたが、大山さんが怪我で出ないって話と、予定的にどうかなー、と思って保留にしていました。結果的には「行って良かったなー」てのが見終わった時の気持ちだったので、やっぱり行って良かった。
 筒井さんの SNS(Instagram/Twitter)見てたら、リハとかで盛り上がってきている感じがひしひし伝わってきて1週間前にチケット購入。まぁ 実際、次 いつ観られるか分かんないってのもあります。

 古参ではないので、エレアスと違ってアコアスはあんまり観れてなかった。そもそも今回のLIVEだって5年ぶりだもんね。
 今回は2回目。前回初めて観たのはシベニューとの対バンLIVEでした。その後、筒井さんの作品展を観たっきり。
-> Siberian Newspaper with Acoustic ASTURIAS (2011年10月)
-> 空中庭園 -筒井香織作品展- (2012年6月)

 会場の南青山MANDALAは、MANDALAグループの1つ。吉祥寺駅周辺のSTAR PINE'S CAFEROCK JOINT GBMANDA-LA2は行ったことがあるものの、こちらは初めて。場所的には、この間siraphのLIVEで行った月見ル君想フの近く。(こっちはJean・maグループです。)

 印象は、LIVEHOUSEの中でも ちょっと雰囲気が大人向けな感じ。Blue Noteは言い過ぎだけど、そっち方面のベクトル。ソファー席も多い。
 1ドリンクオーダーは700円。これで800円相当の注文ができます。この夜は1杯目キューバ・リバーにして、2杯目ギネスドラフト(パイント)、3杯目ボウモア(ロック)にしました。ギネス かなり飲みやすかったけど、生だからかな? もっと濃いという先入観持ってた。
 また、時間に余裕があれば、飯を食うこともできます。今回は開場後30分弱経った頃に到着したのでパス。席もほとんど埋まっていました。
 あ、電波については、IIJ(Docomo)でギリギリ。たまに圏外に。まぁ、場所によりけりでしょう。バー付近はもう少し良好でしたし。

続きを読む >>
posted by Jinn-sin 19:48comments(0)trackbacks(0)





[LIVE] 170722 siraph "ONE MAN LIVE" @ 青山 月見ル君想フ

ONE MAN LIVE 開催決定 (siraph official web) / siraph ONE MAN LIVE (青山 月見ル君想フ)

 行ってきました。siraphのワンマン。去年の忘年会以来。
[LIVE] 161227 siraphTV -vol.11- Bounenkai 2016 @ 恵比寿CreAto

 姉妹店の晴れ豆には何回か行ってるんですが、月見ル君想フは初めて。外苑前駅からはちょっと歩く感じ。でも遠くはない。moon romanticってのもお洒落で良いですよね。
 現地に着いてみると、予め 道沿いに整理番号順でザックリ列形成スポットが複数配置されていました。シンプルで良いです。で、開場したら更に10番刻みで入り口の方へ呼び出されて、入り口では1番刻みで入場。スムースで好印象。

 階段を降りると、トイレ(女性専用1/男女兼用2)や座席がある2階フロア。物販もここで展開されていました。キッチンは1階フロアですが、飲み物売ってる出張所は2階にも。

 ビールの品揃えも個人的に気に入りました。よなよなエールまで生であったので思わずドリンクチケットに+100円して飲んでしまった。あと、台湾ビールやBLUE MOON, PANK IPAまでありました。晴れ豆の様に、しっかりと飯もあるし、かなり良いとこです。開場から開演まで1時間取っていましたが、これは飲食へお金を使わせる罠です!(ハマりながら)
 ステージの、満月を模したパネルは、スクリーン代わりなんすね。(これは始まってから気づいた。)
続きを読む >>
posted by Jinn-sin 09:44comments(0)trackbacks(0)





[LIVE] 0611 RIDGE RACER FES 2017 @ 渋谷 Club ASIA

RIDGE RACER FES 2017 煌めくフロアを駆け巡るサウンド、突き抜ける興奮、再び。...
(秋葉原重工)
行ってきたどー!

 3年前の前回は開催を横目にしてただけでしたが、今回は行った。レイジレーサーリミックス盤の先行発売もあったしね。音楽を意識して聴いてなかった頃の記憶が 今音楽で蘇るのは、とても懐かしい気持ちになります。ゲーム音楽はそういうのが多い。
クラブイベント「RIDGE RACER NIGHT 2」レポート 歴代コンポーザーによる駆け巡るリッジサウンド再び!「R:RACING EVOLUTION」OSTも発売決定! (GAME Watch)
レイジレーサーリミックス -THE 20TH ANNIV. SOUNDS- (SweepRecord)

大久保博/中西哲一 両名の登場は 26:24 あたりから

・iTunesのお手軽MIX3作品
NAMCO SOUNDS「RIDGE RACER NITROUS MIX #1」
「RIDGE RACER R4U mix」 「RIDGE RACERS 2 SPECIAL DJ MEGAMIX」

続きを読む >>
posted by Jinn-sin 18:14comments(0)trackbacks(0)





[LIVE] LOUD∞OUT FEST The Tour 2017 @ なんばHatch

LOUD∞OUT FEST The Tour 2017 (CREATIVEMAN PRODUCTIONS)

 相変わらずのノープランで帰省して「何かやってるかな?」と思ったら、こんなのがやってたので、当日券で特攻。

 大阪は実家だけど、高校までしか居なかったので、実は大阪界隈のことはよく解かっていない。なんばHatchもそんなわけで初めて。

 ドリンクコーナーは酒(Heineken / 氷結レモン)とソフトドリンクでカウンターが分かれていました。500円(or ticket)を渡して、陳列されている商品を取っていくスタイル。シンプルで速い。
 でも、ソフトドリンクまで一律500円なのはちょっと割高かもね。

続きを読む >>
posted by Jinn-sin 14:12comments(0)trackbacks(0)





[LIVE] TOKYO GAMETAKT 2017 @ 大田区民ホール・アプリコ

Last Modified 20170518 動画追加
TOKYO GAMETAKT 2017 - 東京ゲームタクト2017 日本最大級のゲーム音楽フェスティバル

 行ってきました。前回は沖縄ゲームタクト2014ということで、ほぼ3年ぶり2回目の開催ですね。2回目が開催されたのは意義深いです。

> 主催:株式会社ノイジークローク / 公益財団法人 大田区文化振興協会
> 後援? ツェナ・ワークス
この辺は、パンフの方にはしっかり書かれてるのかな。

沖縄でノイジークロークと琉球フィルハーモニー管弦楽団によるゲーム音楽フェス開催「沖縄ゲームタクト」 ([2083WEB])
演奏会 - 沖縄ゲームタクト2014 (琉球フィルハーモニー管弦楽団)
> 主催:一般社団法人 琉球フィルハーモニー管弦楽団
> 企画・制作:(株)ノイジークローク/(株)スタイルキューブ
> 協賛:沖縄ツーリスト株式会社
> 後援:浦添市/総合学園ヒューマンアカデミー那覇校

 沖縄の時は行けなかったんですが、4starのensuite Orchestra Concertみたいなのをまた観たいなーと、前売り終了直前にチケットも手に入れました! 直前だったのに前方席だったので、逆に一抹の不安も。GWだから?
[LIVE] 4star ensuite Orchestra Concert@八王子オリンパスホール (Livin' on the Edge of Sanity)

 大田区民ホール・アプリコは、蒲田駅からも遠くなく、交通の便の良いところでした。隣接ビルに飯屋もあるしのー。(数年ぶりにマクドで食べた)
続きを読む >>
posted by Jinn-sin 00:37comments(0)trackbacks(0)





[LIVE] 170416 Yuka & Chronoship Presents「無限幽幻」Vol.1 @ 初台The Doors

ユカクロとエレアスのツーマンということで、行ってきました!
 初回に相応しい組合せだったと思います。根っこは似てるのに、ベクトルは違って被ることのない、どちらも稀有なバンドです。

 初台DOORSは初めてでしたが、音響も演奏も素晴らしくて、ホント行ってよかった!
 特に音響は「いつもこんな音良いのかな?」ってくらい良かったです。個人的にはベース/キックの輪郭はもう少しあった方が好みですが、存在感はちゃんと判る出音になっていて「巧いこと出してるな」と思いました。

 ただ、「当日会場受付にて開場時間90分前から15分前まで、14:30から15:45までに予約番号○-xxとお名前をお伝えいただき、お取り置きチケットをお受け取りください。」とメールに書いてあったのに、いざ着いてみるとそのやりとり不要で16:00目処で列形成だったってのだけは反省点としてほしい。

 入場時に予めチケットを持っている人(イープラスかな?)は、受付で「どちらが目当てですか?」という質問に悩まされることになります。何故か「両方」という回答は許されないという鬼畜加減よ。えっと、私はオンプカンパニー(ユカクロ)で購入してたので尋ねられませんでしたー。良かった……ホッ

 椅子有り公演でしたが、結構多くの人が立ち見をすることになったんじゃないかな? 運良く座れて良かった、けれど、エレアスの頃になったらお尻が痛くなってた。まぁ立ってたら立ってたで腰が痛くなってただろうから、どっちもどっちなんだけど。

 開演前、ステージ側からは目潰しっぽく暖色照明が1つギラついていて、紗幕も張ってあったから、ステージの方は漆黒の闇に見えました。良い感じだ。
 今回はユカクロが主催だったので、ユカクロが後で出てくるもんだと思ってたら1バンド目だったよ。意外でした。が、やられてみると「らしい」っちゃ「らしい」。

続きを読む >>
posted by Jinn-sin 01:24comments(0)trackbacks(0)





[LIVE] 170308 New Age Connection-vol.3- @ 高田馬場CLUB PHASE

 siraphに加えて ATLANTIS AIRPORTも出るってことで、これは行かねば!ってことで、休み取って行ってきました。結果的にも、そこまでして行った価値はあった。
 このイベントって、CLUB PHASE企画ってことで良いんかね? ありがたや。

・音響について
 Plot Scrapsの一曲目はメッチャ中央に音像が固まっていて、それが調整と共に広がっていく様が良く判った。
 基本的には悪くなかったのに、なんでsiraphの時は ああなった……

Plot Scraps

 新譜出したり、公式サイトでは10曲入りのフリーダウンロードデモ「(censored)Blok」配布なんかもあるけれど、LIVEの方が音も良かったと思うし、バンドの良さが出てた。許す限りたくさんLIVEをやると良いと思う。MCもどんどん話すと良い。たくさんふざけてたくさん真面目にやると良いと思う。物販の子もOPENからちゃんと居て、愛想も良かったし、良い雰囲気のバンドだ。まだまだ色々出てくるはず。


ATLANTIS AIRPORT

 初めて知ったのは、世界のMath Rockを教えてくれる Fecking Bahamasの I.Japanで AnTi pOp ARtを聴いて。

 ただ、LIVEに行ってみたいなーと思ったのは、Rembrandt Raysを聴いて。


 2番目に登場したのは意外でしたが、パフォーマンスは素晴らしかったです。メンバーそれぞれが魅力的で、バンドとしても好きになったな。特にみんな音楽に没入して、おかしくなってる感じがとても好印象。まだメンバーは安定してないのかな? でも頑張ってほしい。

via ひろみさんのツイート:
 アンチポップアート 映画の中の出来事 光と影の間
 crowd world ナイトオンザプラネット over the rainbow アメノヒ


flower in the vasement

 最初は「んー?」って印象だったけど、途中から楽しめた。
 ケロ声を久し振りにたくさん聴いた。


siraph

 もうsiraphのLIVEも観に行くのは3回目?

2017.03.08(水)New Age Connection-vol.3-@高田馬場CLUB PHASE ― Twishort
words / 想像の雨 / damp damp / hyos / thor / quiet squall / leap / 時間は告ぐ / 混線と対話

 siraph、実は4バンドの中で一番音響が良くなかった。(これは残念だった)
 中低域が回ってたのか、蓮尾さんの音があんま聞こえなくて、より難曲に聞こえた笑……却って照井さんのギターの音が抜けまくってた。個人的な感想を言えば、それらの影響を受けなかった"thor"だけがその良さを余すところ無く伝えていた様な印象。
 ただ、他の人の呟きとか見ると、もしかしてステージ前で聞こえそうな中音(なかおと)は良かったのかもしれん。

 原曲に無かった気がするAnnabelさんの「語り」が足されてたのは"hyos"だったか"thor"だったか。カッコ良かった。曲が変わっていくことがLIVEの醍醐味だし。

 ガッツリ観てる人が多かったので、あまり弾けられずー。みんな踊ってる様な現場にも行きたいなー
posted by Jinn-sin 18:41comments(0)trackbacks(0)


| 1/17pages | >>

--- Return to Page Top ---